スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「大図書館の羊飼い」感想

学園生活を楽しくしませんか?
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

日常系に少し不思議要素を加えた王道萌えゲ。
久しぶりの学園モノってことで八月さんもより張り切っています。
キャラの掘り下げや演出は前作での経験によって更に進化してるように思えました。
今までの作品作りを生かしパワーアップさせてるのが八月さんの魅力であり強み。
今回はサブキャラも攻略できますよ。

シナリオのインパクトよりキャラ同士のやりとりなどを重視してます。
急展開もないし超展開もないのでまったり楽しめるかと思います。
ジェットコースターようなお話が好きな人には物足りないかな。
学園モノを楽しみたい人におススメです。初心者さんとかにもよさげ。
安定した出来の八月さんの中でもずば抜けて完成度が高いです。

続きからネタばれありの感想となっています。
プレイ中の人などは回避。





図書部の活動を通じてヒロインとの仲を深めるお話。
それに学園の不思議・羊飼いや主人公の未来予知なども絡めています。
そのへんの要素以外は割とオーソドックス。
全体的にまったりしてますがキャラのやりとりが面白い作品です。
日常モノでも掛け合いなどでいくらでも面白くできるんだなぁと思いました。
登場人物の内面部分もしっかりと書かれておりそこも力が入ってます。
別視点をはさめてよりキャラを身近に感じることが出来ます。

ヒロインと関係を一からスタートしてるというのが良かったです。
好感度MAXなのも悪くはないですがお話しては積み重ねていく方が楽しい。
ヒロインと主人公の関係だけではなく他のキャラたちの関係もいいです。
図書部での活動も丁寧に書かれています。
みんなで学園を盛り上げていく様子にこっちまで入り込んでしまいました。
TRUEの流れなんか本当にドキドキしましたよ。

ただあっさりしすぎてる部分もあるかなぁと。
羊飼いについてもうちょっと踏み込んで欲しかったですけど
筧くんや図書部メンバーの成長がメインなのでいいかなぁ、と。
凪とナナイさんのエピソードはグッとくるものがありましたし。
なにより終わりが綺麗にまとまってるのでグッド。

構成
GW前までが序盤。図書部がイベント開催するまでが中盤。
イベント終了後に個別入ります。サブヒロインはメインヒロインからさらに分岐。
クリア後にはお馴染みのおまけ。
今回は各ヒロインにTRUE ENDまで用意されています。用意周到ってヤツですね。
それで回収が大変なことになってたりしますが八月さんのサービスってことで。
全体を含めるとボリュームがかなりあるのだけどサラリと読めるのがいいです。


べっかんこうさんの絵は安定してます。学園モノにも良く映える。
ビジュアル面も前作の経験で技術がさらに上がった感じです。
全体的にむちむちアップ。女の子の太ももとふくらはぎが素晴らしいです。
塗りのレベルも高い。今回も微妙に塗り変えてますよね。

立ち絵も制服2パターン・私服2パターン・コス・水着・体操着(隠しあり)
と季節やシチュに合わせた差分を楽しめます。
そういえば羊飼いでは体操着が短パンなんですけど自分はブルマより好き。
ブルマ派の人は残念でしょうね。次回作に期待ですよ。
表情差分もかなりあるんじゃないかな。ヒロイン全員にジト目あるのが素敵。


三代さん・橘桜さん・遥そらさん・桐谷華さんなど旬な声優さんが出演しております。
橘さんと桐谷さんと風景さんはユースティアから引き続きの出演ですね。
男性陣も相変わらず豪華。丸井さんは期待の新人さんですね。
皆さん素晴らしかったですが特に遥そらさんが際立っていたかな。
彼女のメリハリが効いた声でコメディパートの面白さがアップアップ!
お色気賞は橘桜さんで。演技の息遣いが好き。

音楽・曲
BGMでオサレな学園生活を堪能。案外、耳に残る。
耳に心地よいので作業用のBGMにも最適。

ファーストOPはユースティアの主題歌も歌ったCeuiさん。
セカンドOPは八月では初歌唱の西沢はぐみさん。
挿入歌というかキャラごとのEND曲が印象に残ってます。
キャラのBGMのアレンジだけどそれが嬉しい。
歌姫だけあって千莉のテーマソングが特に印象的。流れるシーンもいいんですよ、また。
個人的につぐみのテーマソングが好みです。声優さんは歌が上手い。

システム
いろいろ細かい。至れり尽くせり。
ログからクイックジャンプ出来るのはいいですよね。
サスペンド機能を使えばすぐに再開したい場面から進められるしで。
今回は微妙に長いゲームだったので次の選択まで飛ばすシステムがあったらなお良かったかな。
追記*5月23日に次の選択肢に飛べるアップデートが公開されました。
これからのひとは是非。途中の人は互換性が無いようなので注意。

演出
上手いというより工夫してて飽きがこない。
コロコロ変わるというかその場に合わせて演出してる感じです。
遠近法はもちろん、ため息やしょんぼりなどマンガ的吹き出しや視線のカットインなど
ただ立ち絵の差分を放出するだけじゃなくていろんな手法を使っていて楽しいです。
某キャラの失恋シーンでの演出効果がキュンときました。
千莉が凪にギザ様をくっつけようとするシーンもお気に入り。

キャラ

主人公は本の虫。理知的にみえるけど実はお人よし。
本ばかりの人間だったけど白崎たちとの出会いで少しずつ変わっていく。
最初は淡白な人なのかなぁと思ったけどそんなことはなかったです。
さらりと格好良いことしてくれる。気遣いも出来るし良いヤツだと思う。
京子ちゃんネタは笑いました。でも、女装が似合わない。

つぐみ
みんなのリーダーとなるつぐみは優しさに溢れた人。
普段はぽやぽやしてるけどここぞという時の行動力や芯の強さは誰にも負けない。
理想を並べて行動したり他人におせっかいするけどそれを嫌みに思わない性格をしてる。
あがり症の彼女が頑張ってるところに温かく見守りましょう。
シナリオは図書部での活躍のほかに妹のことなどが絡んでいます。
常に一生懸命なつぐみが良かったです。正統派ヒロイン!
個人的にヒロインのなかで一番筧くんとお似合いかなと。
共通から息が合いすぎてお前ら夫婦かって思ってしまいました。

玉藻
つぐみや他の部員たちのサポートをする凛とした女性。
つぐみのことが人として好きで自分が守らなきゃと思ってる。
しっかり者で無理しすぎる傾向があり内面は繊細。
乙女チックだったり依存系でもあり図書部で一番ギャップがあるキャラ。
人一倍頑張ってる玉藻が少し痛々しいけどそんなところが好きだなぁと思いました。
元・藩主の娘ということで身分の違いがシナリオに書かれています。
設定だけではなくシナリオも八月の得意のキャラだなぁと。
凛デレキャラが主人公だけに弱さをみせて甘え、恋人にはとことん甘いのっていい。

千莉
図書部の活動を通じて閉じた心を開いていく孤独の歌姫。
無愛想にみえて親しい相手には茶目っ気をみせるネコ系の後輩でもある。
なかなか自分の感情を出せず悩んでいるのが可愛い。
歌唱の才能があるが過去にいろいろあって学校ではあまり本気を出さない。
でも、歌は好き。シナリオにも彼女の歌に対する想いが溢れてます。
最初はそっけないですがキツイ態度が和らいでいくのが良かったです。
佳奈すけとのコンビも可愛かったです。あと芹沢さんとのコンビも。

佳奈
佳奈すけは明るくノリがいい後輩。その場の空気も読める。
軽いと思われがちだけど良く考えて行動してたりする。
他のキャラに比べたらスペックが普通の娘。
一番親しみやすい感じがしてそれが人気の秘訣なのかなと。
裏表があるわけではないけど素の自分を出せない佳奈すけが不器用で応援したくなります。
佳奈すけの心理描写が一番胸にくる。内の感情が切ない。
あと千莉ルートでの思わぬ活躍も良かったです。
後輩コンビは三角関係でも上手くやっていけるし友情パワーがすごい。


図書部ではなく図書委員。部外者だけど重要なキャラ。
ある目的のため図書部の面々をみてるんだけどそれ以上に世話焼いたりして面倒見は良い。
あと主人公の隣人で部屋によく遊びにくる。
筧に対抗意識を燃やしたり子どもぽっい部分もある。
彼女も不器用だし秘めてるものがすごいですね。
共通ルートや他ヒロインルートでは図書部と深く絡むことが出来なくて損してるかも。
それでもTRUEでの活躍は目を見張るものがありました。真ヒロイン。

高峰
主人公の悪友であり親友。
おちゃらけてるが根はかなり真面目。すごくイイ奴。
ヒロインと主人公の仲をサポートしてくれたり。
とあるキャラルートで重要だったり主人公に出来ないことやってくれる男キャラ。

会長
成績優秀・容姿端麗と王道な生徒会長。この作品の貴重な年上枠。
最初から筧のこと好きでアプローチしてくるのは会長だけ!
主人公を取られた図書部とは立場が違うこともあって少し複雑。
つぐみ達と別の出会い方をしてたらもっと仲良くなれたのではないかな。
それにしても会長は良い女だよ。意外にお茶目さんだし。
TRUEの活躍も良かった!FDの活躍も期待です。

あと副会長の多岐川さん可愛いです。
おっとりした人だと思ってたら会長好きで強気な娘さんだった。
暴走してるのが可愛かったです。
唯一攻略できないサブキャラなんですが会長以外にデレてる多岐川さんが想像出来ない。

芹沢
売り出し中の声優さん。千莉とは過去にいろいろあった。
なんで声優なのか不思議ですが千莉と対称キャラにしたかったでしょうね。
性格がハキハキしててけっこう好き。努力家なのも良かったです。
この娘、千莉に対してはツンデレですよね。
そうそう「お前、声優なめてんのか…」の台詞が忘れられません。
芹沢さんは一年生ということで佳奈との絡みももっと見たかったです。

嬉野
佳奈すけが働く食堂アプリオのちんまい先輩。
容姿に似合わずPC得意だったりゲーマーだったり腹黒い。
ロ○枠だけど筧くんたちと同い年です。
ルートは嬉野さんが筧くんをゲーム廃人に調教するお話でした。怖。
ドSなキャラ好きなんで嬉野さんはけっこうツボです。


まとめ
人生は寄り道だらけでまっすぐ進めないかもしれないけど
諦めず仲間と一緒に頑張ろうというお話でしたね。
とにかく図書部の仲間が愛しいです。

安定してるメーカーなので最初から不安もなかったし
今回もしっかりとその期待に答えてくれました。
まさに美少女ゲームのエンターテインメント!
まだいくらでも掘り下げられる部分もあるので今後の展開も期待しています。


[ 2013/05/16 23:33 ] 製品版・感想 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。