スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『この大空に、翼をひろげて』感想2

感想1はこちら
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 望月天音Ver
青臭い作品でした。
シナリオ自体は変化球ではないですが
ソアリングという変わった題材を使っていて新鮮でした。
もうちょっとシナリオ微調整されてたらなお良かったのですが 
それだとライターさんの個性が消えてしまうかもしれませんね。

いわゆる雰囲気ゲー。碧春...青春を経験してください。

FD発売決定おめでとうございました。
ヒロインアフターやアナザーは心配してないですけど。
ほたるちゃん・朱莉さん・佳奈子さん攻略可能にするんですかね。
あんちゃんとイスカのお話も気になります。


余談*
アスタさん企画作品なんですが
夏ノ雨・デュエリスト×エンゲージ・大空
各作品でまったく雰囲気違うんですがメーカーさんで微妙に変えてるのかな。
ディレクターさんの影響もあるのでしょうけど。
七烏未奏さんも複数ライターだとまた違う感じ。


続きからネタばれ感想ありです。



演出がすごい!
頑張ってるお陰かスペックによって重い。スキップがスムーズじゃないのが難点。
演出速度は一周目は通常にしてたんだけど
二週目からは高速にしました。それでもモッサリしてる。
天音ルートの最後は演出設定を通常にしましょう。
高速にしてたら最後のオート音声がブツ切りになって吃驚した。
文章速度とオート速度いじってそれでも音声ブツ切りで焦った人がここにいます。

音楽は舞台に合わせて近代的な感じ。変わった感じがしました。
OP・イメージソングは挿入歌としても使われていて
作中の重要な場面を盛り上げてくれました。

声優さんは
特にメインヒロインのイリアさんが頑張ってた感じ。
萌花さんの艶演技も良かったですね。
五行さん・雪都さん・他サブキャラさんも安定してます。
有栖川さんは依留みたいな役柄が好きだったりするので結構ツボでした。
亜紗依留(雪都さんと有栖川さん)の入れ替わりのシーンとかも地味にすごい。
ハット先輩は茶谷さんだったのね。

キャラ別感想

ほどよく熱血で体育会系男子。
周囲への気遣いも出来て好感が持てました。特に小鳥の接し方が良かったかな。
容赦ないけどハンデ持ちの人にとっては変に気遣われるよりこうやって
ナチュラルに接してくれた方が嬉しかったりするんですよね。
あと行動力がすごかったです。なんもしない主人公に爪の垢を飲ましてあげたいぐらい。
前向きなのも良かったです。
碧がいなかったら物語は動かなかったでしょう(もっといえば碧と小鳥だけど)

小鳥
足が動かないというハンデを抱えてるけど強気なお転婆娘。
くーるびゅーち!喜怒哀楽がハッキリしてて好き。
意識するようになってから告白までの距離がもどかしくて
意識してなかったけどもう一年目から碧のこと好きだったよね。
二年目からは無意識イチャラブ。もう早く付き合ってしまえってぐらいもどかしい。
告白のシーンがすごく良かったです。あの流れは反則です。
デートのシーンもニヤニヤが止まらなかった。
実家に連れて行かれそうになる小鳥を迎えにいく碧が格好良かったです
小鳥と家族の事情とそれに向き合う碧の図って感じで。
ひばり姉さんすごく良い人でした。姉妹のやりとりが温かい感じ。
恋愛描写と空への憧憬が丁寧に書かれていて一番しっくりくるシナリオ。
強気キャラなんだけどハンデありのためか
時々、弱気になったりするところも可愛かったですね。
小鳥ルートだけでもお腹いっぱいになりました。ごちそうさまです。

あげは
幼なじみでよき理解者の元気系少女。
シナリオはうーん...悪くはないと思うんですが浮いてる感じ。
このルートがころげてじゃなかったらもっと評価が違ったのではないでしょうか。
あげはは共通ルートの感じが好きです。
個別でも悪くないんですけど微妙に違う感じがするんですよね。
個別だとほたるがあげはの分を取ってるような、姉妹エンドがあっても良かった。
あげはは共通や別ルートで輝くタイプですね。
でも、ころげてで一番エロ可愛いのはあげはだと思うんだ。
雨でスケスケになったあげはの色ぽっさは異常。
小鳥と碧が初々しいカップルならばあげはと碧はエロップルなのです。
普段あまり女を感じさせない幼なじみがふと見せる女の顔。ごちそうさまです。

亜紗・依留
ちなみにブログ主はどちらかというと亜紗ちゃん派。
依留ちゃんはぶっきらぼうだけど良い子だと思います。
シナリオは亜紗ちゃんに感情移入しちゃって
亜紗ちゃんように上がったり下がったりしました。
セリフチョイスが好きかな。なんか他ルートから比べて詩みたいな雰囲気で。
シナリオの前半はちょっとドロドロ。
主人公も悩むんだけど優柔普段じゃなくて
風戸姉妹を大切にしてるからこそ慎重になるみたいな。
でも、依留ちゃんルートという名の二股ルートは笑ってしまった。両手に花!
王道純愛ゲーなのに。まー平等に愛があればノープロブレム。
基本双子ってルート別にして欲しい派ですが
風戸姉妹に限ってはもう最初からセットで良かったんじゃないですかね。

天音先輩
超年上で天才だけど どこか子どもぽっい残念な人。なんかいちいち可愛い人。
年上キャラなんですが何歳かはハッキリ記述されていないのです。
物語の文章から推定すると25~26歳くらい(風戸姉妹と一回り近く離れてる)
親友との思い出と別れ。
碧たちと出会い 止まっていた時が動き出し後輩へ受け継がれるバトン。
シナリオは共通でちょっとしか触れてない過去のことを詳しく書かれたり
イスカとの回想が入ったりしてころげて真エンドって感じでした。
天音とイスカの友情が良かったです。それとイスカとあんちゃんの想いが萌えました。
イスカがなぜ天音から離れたか分かるシナリオで
重い部分もありましたが最後はハッピーエンド。
みんなの想いで天音がモーニング・グローリーを飛ぼうとするシーンが感動的でした。
人と人の絆が繋がってるって感じで良かったです。

サブ
朱莉さんと佳奈子さんは魅力的だけど別に攻略したいと思いませんでした。
佳奈子さんはルートありそうな雰囲気あるよね。
朱莉さんも微妙にフラグ立ててるし。
いやでもサブだから輝くんじゃないのかな。
あんちゃんは皆の頼れる兄貴ですごく格好良かった!
天音ルートのあんちゃん大活躍でしたね。
マー坊くんは影薄い。ソアリング部でも良かったんじゃ。
飛岡さんはどう判断していいのか分からない。
アスタさんはキャラ愛強い人だから根っから悪人は書けないんだろうなぁ。
あとハット先輩かわいい。グッズ希望。

[ 2012/09/26 23:20 ] 製品版・感想 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。