スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2011年上半期を振り返る

今年買った・プレイした作品
猫撫→ヴァニタス→大帝国→ユースティア→魔物娘→リライト

簡単に一言
猫撫
・哲学的家族ゲー。なかなか読ませてくれる作品。
猫撫はコメントに困る作品ですね。

ヴァニタス
・三度目の正直にならず実に勿体ない作品。
でも、テレーゼの可愛さはどの作品にも負けてないと思う。

大帝国
・世間的には評価よろしくないみたいですが自分はけっこう楽しめました。
大シリーズだからって期待しすぎたんだよ、皆。

ユースティア
・まだ途中ですがお気に入りの作品になりそうな予感。

魔物娘
・蜘蛛と鳥と◎とがいとをかし。
魔物娘とイチャイチャするゲームでニヤニヤが止まりませんでした。

リライト
・インストどころか封すら開けてないよ。

今年いっぱい買ってるなぁと思いこんでいたけど
実は去年と数変わらないんですね。
今年発売した中で買おうと思っているのはグリカジと女装山脈。
この2つは年内に買えればいいなぁと。
あとユーフォリアも欲しい。

これから先の新作はオイラン・天羽根・ランクエが確定です。
9月は5作品ほど気になりますがまだ検討中。
[ 2011/06/30 19:35 ] まとめ・総括 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。