スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「魔物娘たちとの楽園~蜘蛛と鳥と◎と~」感想

この目力に勝てる気がしないの。
魔物娘たちとの楽園 蜘蛛と鳥と◎と 2011年6月3日発売!
「魔物娘たちとの楽園~」の感想ですよ。

ブログ主は魔物娘シリーズ初プレイです。
ラミアの頃から興味あったのですがヒロイン一人だと躊躇ってしまって。
スライム&スキュラは買いたかったのだけど時期が悪くて。
やっと今回で初挑戦になります。

内容は魔物娘とほのぼの生活してひたすらイチャイチャするゲームです。
難しいことなしで物語は進んで行きます。
ときどき魔物娘たちが主人公を巡って修羅場になったりしますが
最後は丸く収まるので心配無用です。
「とにかく魔物娘とラブラブしたいんじゃ!」って人にオススメ。

この先ネタばれあり。注意

シナリオ
三人娘のやりとりが良い感じです。
やかましい娘さんたちですが言い合いしててもなんだかんだいって仲が良くてニヤニヤ。
他の子と主人公がくっついても自分のことのように祝福するし
他の子が困っていたら助けてくれるし
三人娘の絆が良く書かれているなぁーと思いました。
どのキャラも魅力的に書かれていて○

とにかくほのぼので少し問題とかは発生するけど案外平和です。
イチャラブする→問題発生→解決→またイチャラブする
全体がそんな感じなので凝った物語を読みたい人には合わないかな。
結ばれたあとはこれでもかってくらい甘々です。
シナリオは短いけれどフルプライスじゃないので気にならなかったですね。


魔物娘は描くのが大変だと思うのですがこの絵師さんはとにかく描き分け上手い。
アラーニェの足・ルピュアの翼と足などパーツにこだわっていてすごい。
特にスィークは一つ目なんでバランスとる難しそうなのに可愛く描けてる。
表情なんかも良くてベタ褒めするしかないですし。
とにかく口を窄める顔がたまんねぇ(ひょっとこ顔っていうんですかね
フルプライスじゃないのに差分もたっぷりで満足。
あとここのブランドの淡い彩色好きです。

エロ
シーンは特殊なのが多いのかなと思ったけどそんなに特殊でもなかったですね。
姫様が糸を使い、ルピュアが羽を使いといった感じ。一つ目ちゃんは特になんにもナシ。
もっとすごいの来るかと思ったけどそうでもなかったですね。
普通の人の姿と違って少し趣向が違うって感じのシーンばかりでした。
でも、魔物娘ならではの構図が良いと思うんですよ。カットインの使い方がうまいし。


ロックン組のキャストです。
演技がお上手な方々なので演技面は心配ナシでした。
あとキャラにすごく合ってる。艶演技も素晴らしい。



キャラ別感想

アラーニェ
わがままな蜘蛛の姫様。
無理難題を押しつけてみたり駄々をこねたりなんか子どものようなお人です。
だけど度をこした事はしなかったりと憎めない性格です。
作中で一番年下って分かった時はなんか納得しちゃいましたね。
シナリオは姫様の成長物語って感じでした。
デレデレだけど天の邪鬼な姫様が可愛かったです。
ゆあなさんのはんなりボイスがまた格別で悶える!

ルピュア
苦労が絶えない鳥娘。
この作品で一番癒し系なのですが芯は強い人です。
黒い羽根の設定が本編で上手く書かれていておおっと思いました。
シナリオはルピュアの秘密や同族との確執などたくさん見どころがありました。
ただ主人公との間に生まれた卵の話を最後にスルーされちゃったのが残念。
シーンは母性溢れるモノばかりでここでも癒し系。
辛い過去を抱えてるのに健気な彼女の魅力にやられました。

スィーク
マイペースな一つ目娘。
最初は一つ目受け入れること出来るかなと思ったのですが
これで新たな世界が目覚めましたとも、ええ。
上目遣いがヤバい可愛いの!笑顔も可愛い!!
シナリオの方もまた良いの!!!(大興奮
この作品で一番、人と魔物の恋の切なさを表現出来てたと思います。
ヒロイン二人に比べて話が短めでしたがよくまとまってました。

まとめ
初シリーズでしたが楽しめました。楽しめたので他シリーズにも手をつけたいです。
ハーレムエンドの学舎うんぬんは次回作以降の伏線?
[ 2011/06/23 23:28 ] ファーストユニット系 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。