スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「絶対★妹原理主義!!」感想2

「いもげん」感想(後編

かなり人を選びます。
妹キャラ好きで責められ好きドM属性には良いゲーム。
瑞・奏ルートはけっこう受け入れやすいかと思いますが
綺と茜音ルートは脳内彼女の本領発揮で嗜好が合わないと受け入れられないかと。
茜音ルートのバッドエンドは人を選ぶってレベルじゃない。
属性ありの自分はかなり楽しめました。

あとシナリオ重視の人もダメかもしれません。
今回シナリオも頑張っていたと思いますが期待しすぎるのはいけないです。
妹キャラに萌え責められシチュを楽しむゲームって感じです。

ボリュームは他ゲームと比べて短め。
自分はこれぐらいで丁度良かったですが人によっては若干物足りなさを感じてしまうかも。
密度はけっこうあるけどアッサリ終わってしまう印象が。
茜音ルートは妙に力入ってました。瑞ルートが一番長いかな。

満足な出来でしたが
音声が小さめなのが難点です。パソコン本体で調節しないとダメです。
せっかく良い声優さん使ってるのでそういう調節はしっかりして欲しい。
不満点は塗りがもうちょっと光沢はっきりで濃い目だったら良かったなぁと。
あおぎりさんの絵は好きだし淡い塗りも好きなんですけどね。


この先ネタばれあり!
大丈夫なひとだけ読んで下さい。


茜音ルート:
最初は楽しめずにいたのですが茜音がどういう子なのか分かったら楽しめました。
バッド・ハッピーともにいもげんで一番好きなシナリオかもしれないです。
バッドは衝撃的でしたが私にとってはご褒美でした。
歪んでいてもあれは茜音の愛なんですよね。
某かとるADV好きな人は気に入ると思うの。多分。

癖がある妹ですが他キャラとのバランスを考えてこれぐらいがいいのかも。
全員デレデレだったら面白くありませんからね。

予想斜めなシーンもありますがお気に入りのシーンが多いです。
ほとんどドM向けです、はい。小さい女の子に豚と罵られて踏まれたい人におススメ。
綺もシナリオに関わっていて綺も罵ってくれます。綺と茜音に罵られ気分は豚。
未遂ですがアッーなシーンもあってびっくりした。
あと茜音役の金田さん演技が良かったです。冷ややかな声と甘い声の使い分けが絶妙。


瑞ルート:
瑞はクール系っていうより素直クールってヤツなのでしょうか。
一見よくわからない娘と思いますがすべての行動は兄のためにやってるんだと思います。
ただ大好きな兄に女の子として見て貰いたいだけで行動原理は分かりやすい。
そんな瑞の気持ちが分からない拓馬。瑞もそれが恋だとは分からず微妙にすれ違い。
悩む描写が丁寧ですごく良かったです。

シナリオの方は最後のエピローグがあっさりしすぎてるけどキレイにまとまってるかな。
瑞ルートはちょっとご都合主義な部分もあるけどライト向けって感じ。
建部家の設定(格闘)が一番生かされ他ルートにはない熱血な展開も。

メインヒロインだけあってシナリオもキャラも正統派って感じでした。
他姉妹に比べてパンチは弱いですが安定はしてると思います。
デレデレな瑞は他の妹にも負けず可愛い。
篠原ゆみさんのささやきボイスもあいまって悶えること必死。

おまけルート:
全キャラクリアしたらおまけルートがあります。
内容は本編になかったゆかなルートとハーレムルート。
どちらもすごく短いのでホントおまけって感じ。

ゆかなルートはなんかホッとしますね。ゆかなはこの作品の常識人。
拓馬たちとは他人だけど家族のような付き合いで他ルートでも大活躍でしたね。
この作品じゃなかったらきっとメインヒロイン張れる。
あくまでこの作品は兄妹メインだから目立ってないけど
家族以外のこういうキャラも大事だよね!

ハーレムルートは特に語ることなし。


絶対★妹原理主義!! 10月29日発売!
[ 2011/01/23 00:12 ] ファーストユニット系 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。