スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PCゲーム感想「夢幻廻廊」

この物語は主人公であるたろが永遠の屋敷を通して本当の幸せを手に入れるお話。


屋敷に住まう女主人とお嬢様たちはそれぞれ別の愛し方をしてくれます。
それは普通の愛とは違うかもしれませんがそれでも純粋にたろ事を愛してくれているのです。

たろはそんな彼女たちと過ごし本当の幸せを掴みます。



キャラ別感想

薫子
くつしたの人。
この人はくつしたのシーンが印象的すぎます(笑)
色々やり過ぎなことをやらかしてますがそれは彼女の愛ゆえなんですよね。

薫子さまはたろのことを純粋に想ってるんですがどうも好きだからこそ空回りしてる感じが。

なんだかんだ言って根は良い人です。
大人気なくヤキモチ焼いてますけどね。


麗華
少し乱暴だけれど本当は一番たろを気にかけてる人。

お屋敷内で一番まともで常識的な存在かもしれません。
激しい折檻は除いて。

たろの存在をどう扱おうかと苦悩する姿が彼女の弱さと優しさを感じます。


佑美子
たろを可愛いがってるようで・・・。そんな所が好きです、佑美子さま。

実はこの作品で一番困った人かも。
笑顔で◯◯◯を出された日にゃ。

一見重要そうに見えないキャラですがどの姉妹よりも過酷な運命を背負っています。


奈菜香
幼さって罪だよ。
子ども無邪気さと残酷さが交ざった人。

最初たろを単なるおもちゃとしか思っていませんでしたが次第にたろを好きになって思いやってくれます。
たろとのやりとりが和む。
[ 2009/06/13 11:27 ] サイク | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。