スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

殻ノ少女ドラマCD第三巻「シェオルの殻」―感想

本編、聴いた。

ゲームの鬱な結末に比べて幸せな結末だったので良かったと思います。


ちょっとした感想など。

ネタバレはあまりしてないです。
少しのネタバレでも気にする人はスルーして下さい。




まず叫びたい。

冬子が無事だー!!!
良かったよ、冬子(;ω;)

ゲーム本編じゃあんな目にあってこんな目にあって救われなかったからなぁ。
ドラマCDでもどうなるかと(泣)


特に間宮君とのシーンはヒヤヒヤしちゃいましたよ。

スーパー時坂さんが冬子を守ってくれて良かった(笑)


まだ自我に迷いがあるんだろうけど冬子には幸せになって欲しい。
というか幸せになれ!
あんな良い娘、幸せにならなきゃおかしい!



ポイント

・ゲームの不条理な展開が排除されている。

そりゃそうだよ。ドラマCDでも救われない展開だったら泣くしかない。
冬子に関してはかなり優遇されてる感じです。


・冬子の問題など完全に解決した訳ではないけど最後はみんなが幸せ。

実にイノグレらしくない爽やかなエンドでした(ぉい


・時坂さんの男度アップ
もうただのヘタレなんかじゃない!?
ドラマCDだとなんかやたら時坂先生が格好良かったよ。

六識と対峙するシーンなんて燃えましたね。

声もかなり合ってたと思います。

おまけだと弄られてますけど(笑)



他にもいっぱいあるんですけど文才なくて書ききれない。



最後の幸せなシーン聴いてるともうゲーム出来なくなりそう。

結局、冬子と時坂さんの関係は微妙な感じで終ってますけど二人はあんな感じで良いかなぁなんて。

友情でもなく恋でもなく愛でもなく。

あの微妙な関係がぴったりだと思います。

わがままを言うと最終的にはくっついて欲しいのだけどね(笑)


更に続編の冬子アフター違ったルリノユメも楽しみにしています。

[ 2009/05/01 22:38 ] イノグレ | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。