スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「デモニオンII ~魔王と三人の女王~」感想

『デモニオン2』を応援しています!
迫害された者たちが世界に抗い新しい居場所を作ろうするお話。

ダークファンタジーだけど思ったより取っつきやすい感じ。
筋がしっかりしたシナリオに魅力あふれるたくさんのキャラ
100以上ある濃厚なシーンや工夫あるゲームパート
M&Mの美麗かつ精巧なビジュアルで魅了してくれます。


ボリューミでこれ一本でお腹いっぱいになる作品。
手っ取り早く終わらせたい人や少しマニアックなプレイが苦手な人には不向き。
M&M絵が好きで濃いシーンが見たい人や
ゲーム性あるものでも大丈夫な人は十分楽しめるかと思います。

ゲームパートのアドバイスとか
*ユニークユニットはバリバリ役に立ちます。育てて損なし。
一般ユニットはクロウラー系の毒が役に立ちます。
あと罠解除のためゴースト系とかインプを何体か育てておくと○
*一周・二週目は無理に探索率100%にしなくてもOK
トゥルーの時は面倒でも必ず探索率100%にすること。
*魔力はコツコツ貯めましょう。トゥルーの時にかなり必要になってきます。
事前にHPや付属冊子はさらっとチェックしておいた方が無難です。
一番は気力と持久力が大切!(いや本気で)
あとは他の攻略サイトさまにでも。攻略なくてもクリア出来ますけどね。

設定・世界観
前作の1000年後の話みたいです。
ブライトリーフなど共通の用語なども出てきますが
たぶん前作やってなくても今作からでも大丈夫。
自分も前作やってないのですが特に困るようなことはなかったです。

続きからネタバレ注意



シナリオ
大筋はシュカ・キロスルート。その後にトゥルールート。
個別のキャライベも充実してます。
シュカ・キロスルートは展開的にそんなに差はなかったですね。
トゥルールートは謎勢力との戦いと更なる真実へ。

土台がしっかりしてるので安心して読めました。
用語はそれなりにあるのですけど すらすらと読めると思います。
主人公とリズベルを主とした魔王軍の活躍に痺れました。
魔王軍の雰囲気が意外にアットホームな感じで心地よいですね。
敵は小悪党が多い感じなので魔王軍にやられてスカッとしました。

ジャンルはダークファンタジーと書きましたが
シナリオは王道ファンタジーよりなのかもですね。
トゥルールートの終盤なんかとても王道的で燃えました。
ゲームパート
迷宮を防衛するのと拠点に侵攻するパートふたつがメイン。
前作は捕獲メインでしたが今回は捕獲出来るヒロインは少なめ。
操作は意外にシンプル。

面白いのですけど防衛と侵攻のバランスがよくないかな、と。
トゥルールートの二国同時はけっこう時間かかってキツかったです。
二国同時が終わったら敵は強いけど手数あればなんとかなるはずです。
とにかく時間がかかりますね。もうちょっとすいすい行ければ良かったのですが。
三週目の作業プレイ感は改善して欲しかったです。

ビジュアル
M&Mさんの絵は艶美といった感じのビジュアルですね!
身体のムチムチ感がたまらないです。
戦闘カットインも格好良くて素敵でした。何枚かある通常絵も好きです。

ヒロインが17名ということで様々なデザインのキャラが楽しめます。
大きな胸の女性キャラが目立ってるように思えますが
ニーズに答えて控えめボディのキャラ達もいますよ。

枚数は多めというか差分なしで180枚という圧倒的な数ッ!
もちろん差分も充実しています。
汁っ気たっぷりで表情差分も多め。お尻がくっきりでドキドキしました。

シーン
イベント数が多く文章も濃くて良かったです。
愛あるシーンからほのぼのレ○○、
ガチでハードなシーンまで豊富にそろえてます。
魔法が使える世界なので少し特殊なシチュもあり。

メインヒロインは基本的に純愛シーン中心。
捕獲者はほんの少し調教的要素あり。
ただ主人公は他人に見せつけるのは大好きという困った性癖。
恥辱シチュと衆人プレイが充実してますね。そういうのが苦手な方には合わないかも?

一ヒロイン平均6シーンぐらい?
少なめのインフェルミオとレベッカでも4シーン。
最多は9シーンのジェシカ。分割シーンがあるので他ヒロインと量は変わらないです。
モブキャラにも少々。おまけにハーレムシーンがあります。

王女+ベアトリスのバッドエンドにカイム以外が相手の辱シーンあり。
苦手な人は回避可能。基本1シーンなのでNTR感は薄いです。
バッドエンド除いてカイム以外が相手してるシーンがあるキャラ(ティーリア/バット以外にもあり・ジェシカ・サファイア・レベッカ・オルフィス/クロウラと同時責め
モルテ・ミネルヴァ・ベルナ/兵士たちと同時責め


声優
実力派ぞろいのキャストさんです。通常も濡れ場もばっちり。
M&M作品にはなくてはならない?
春日さん・大波さん・ももぞのさん・香澄さん・紫苑さん。
アストロノーツから常連になった佐倉さん・手塚さん・楠田さんも。
その声優さんたち以外にも新しい声優さんが参加されています。

皆さん最高レベルでした。
特にひむろさんのお姉ちゃんボイス最高でしたね。
何気にワード数多いのはリズベルの佐倉さんだと思います。
あと楠田さんの獣のような艶演技がすごく印象に残りました。

キャラ
主人公
若魔王さま。幻像石(えっちな映像)マニアだったり無類の女好きだったりする残念魔王。
そんな俗ぽっい一面すら親近感が湧くイケ魔王さま。
魔王だけどけっこう情深く仲間や弱き者を傷つけるモノには容赦しない。
いい加減だったりするけど実は聡明なお人。
シーンや幻像石関連イベではハッスルしすぎだと思いますwとにかく面白い。

ヒロイン
メインはリズベル・ベアトリス・三人の王女といった感じ。
ヒロインはリズベルの正妻感が際立ってるような気がします(笑)
文句言いながらもカイムに尽くす姿が愛おしいです。
物語的にベアトリスが裏ヒロイン。
ベアトリスのブラコンお姉ちゃんぶりは実に良い。そして切ない。
ティーリアさまはおっとりながらエロいし
マガヒメは快活系のお姫様 グラスは天然クールで可愛い。
三王女もそれぞれ魅力的だと思います。
ただ物語的にはリズベル・ベアトリスが強いかなという印象。

サブ
ちんまい娘さんから大人の女性や男の娘までたくさんのキャラがいます。
一部のサブは大筋にはあまり絡んでこない感じですが
小イベでしっかり補完されています。

物語的にもキャラ的にもミネルヴァがサブの中で一番印象に残りました。
強情な戦乙女→自分に迷う戦乙女→従順な女騎士
と三度美味しいキャラでした。
グリエッタさんのチョロ可愛いぶりもたまらなかったですね。
エッタさんはリズとの絡みもいいと思うのです。
サファイアきゅんあざといけれどやられました!
ビッ○系男の娘だけどイベ進行によって乙女化するのがグッド。
ぶっ飛び加減というか乱れ具合はジェシカさんがすごかったです。
それとエルとカイムさまイベが面白いのでおすすめ。とてもひどい(褒め言葉)

あとHPにキャラ紹介載ってないのですけどサブの男キャラ
魔王軍のスッパキオ・ノロ・アグリもいい奴らでした。
各勢力の良心・ギュンターとホンジュも頼もしい。

まとめ
世界観がグッドな作品でした。
ヒロインたちはそれぞれ良かったですしシーンも濃くて満足。
若魔王さまことカイム様がとても面白いキャラでそれも気に入りました。
惜しいのはゲームパートのバランス。
侵攻か捕獲。片方に絞った方が良かったかな、と。
ただそれ意外の部分はけっこうな出来だったので
ぜひシステムを改良した続編をお願いしたいです。
[ 2014/09/24 21:55 ] 製品版・感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。